心理カウンセラー資格

心理カウンセラー資格を取るならどうする

心理カウンセラー資格といってもいろいろあります。
民間資格で数多くの種類の心理カウンセラー資格があります。
本当に数多くあり、たとえば有名なことろでいえば臨床心理士やメンタルケア関連のものなどがあります。
臨床心理士の受験資格は指定大学院修了など難易度が高いですがそうでもないものも結構あります。
そういった資格を全部調べていくともう本当に多すぎて…ということになります。

わからない方や面倒という方はこちらの
ケイコとマナブケア資格ナビたのまな
あたりから探せばかなり絞られるのではないでしょうか。

もうどの資格が取りたいのか決まっている方ならあとはどこのスクール、講座で勉強するのか決めるかだけですね。
まだ決まっていない人はいろいろ調べてみると良いと思います。
といっても調べてみても大変なので大手の心理カウンセラー資格をみてみて比較して一括で資料をお取り寄せするのが良いのかなと思います。

まずは資料請求

どの心理カウンセラーの資格を取るのか決まっている方でも決まっていない方でも講座もスクールも様々ありますからいろいろまとめて資料を請求して比較するのが良いのではないでしょうか。
まず挙げるとするならばケイコとマナブです。
リクルートグループが運営しており、有名なスクールの資料が多くそれらを一括で請求できます。
しかも電話番号を記入しなくてよいので抵抗なく資料請求できるのではないでしょうか。

ケイコとマナブ公式サイトで確認>>心理カウンセラー講座

他にはヒューマンアカデミーの通信講座でたのまななら様々な知名度のある心理カウンセラーの講座があるので自分が勉強したい講座が見つかる可能性もあるのでチェックしてみると良いのではないでしょうか。

たのまな公式サイトで確認>>心理カウンセラー講座

心理カウンセリングとは

大学や専門学校などで心理学を学ばれる方が増えています。
心理学は様々な職業に応用可能で、特に病院や学校などの施設で心理学の知識を活用されている方が多いです。
また心理カウンセリングになる為にも心理学の勉強は必要不可欠です。
心理カウンセリングでは相手の心情を読み取り、相手の心をさらけ出させる必要があります。
精神的に不安定なカウンセリングを必要としている方々は他人に心を開く事が難しく、心理カウンセリングの方の実力がとても重要になります。
心理カウンセリングになる為には大学や専門学校で心理学を勉強する必要があります。
資格を取る為に短期的に勉強できる学校も存在していますので、心理カウンセリングの職業に転職を希望されている方はそれらの学校へ通われる事をおすすめします。
また心理学の勉強だけではカウンセリングを円滑におこなう事はできません。
カウンセリングの仕事は様々な患者さんを相手にしますので臨機応変な対応が要求される職業です。
病院に就職するケースがほとんどですが実績を積まれると、ご自身のクリニックを開院される方も多いです。
自分のクリニックを持つと1人の患者さんにじっくりと向き合う事ができるようになりますので、独立を検討されている方は多いです。

心理カウンセラーの仕事とは

心理カウンセラーの仕事で最も大切なのは、クライアントとの信頼関係です。
まずクライアントとの信頼関係が築けなければ、相手の気持ちの状態を把握することが出来ませんから、仕事が成り立たなくなってしまいます。
そのために、まず最初にクライアントを安心させるために細かな説明を行います。
守秘義務を徹底することや、カウンセリング代金の説明、治療の方針、保護者の同意(未成年のみ)、などを細かく行い、さらに心の問診票のようなものを作成してクライアントの心身の状態を確かめていきます。
これで信頼して貰えれば。次に面接という形に入ります。
多くの場合はクライアントと心理カウンセラーが一対一で向き合える個室に入り、相談事項を聞いていきます。
その際、心理カウンセラーがすぐにアドバイスを行うのではなく、とにかくクライアントが喋りたいことを喋り出すまで気長に待ちます。
一回の訪問で終わることはほとんどなく、何度も通い続けるうちに少しずつ自分のことを話してもらえるようになるかどうか、という所です。
精神状態が安定していない時には心療内科や精神科の受診の方法を説明したりと、解決方法を共に考えていきます。
クライアントが自ら解決方法を見つけ出す手助けをするのがメインの仕事です。

みなさまはリフレクソロジーをご存知でしょうか。
足裏マッサージなどを行ってくれます。
体にたまった老廃物を取り除いてくれるということなんです。
精神面と肉体面の両方からリフレッシュさせてあげることが良いのではないでしょうか。
そして、リフレクソロジーにも資格があります。
詳しくはこちらのリフレクソロジー資格を参考にしてください。

まずは資料請求